経営戦略の階層性とフレームワーク

0
1466
経営戦略の階層性とフレームワーク

戦略には
企業戦略(全社戦略)、事業戦略(競争戦略)、機能別戦略の
3つの階層があり、それぞれ使うフレームワークは異なります。
階層が整理ができていないと、
使うフレームワークを誤ったり、
わかりにくい報告書となっていますので注意が必要です。

①企業戦略(全社戦略)

企業戦略(全社戦略)は、
経営者が描くありたい姿に対して、
どのように経営資源(人、モノ、カネ)を配分していくかです。
それに対応しているフレームワークが企業ドメイン、
PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)などです。

②事業戦略(競争戦略)

事業戦略(競争戦略)とは、
競合にどのように勝つかを考えることです。
具体的には、顧客に対して、どのような価値を
提供するかを決めることです。
これに対応するフレームワークは、
3C分析、バリューチェーン分析などです。

③機能別戦略

機能別戦略とは、
事業戦略を実現するために、購買、生産、販売など、
機能ごとの戦略となります。
これに対応するフレームワークはマーケティングでは4P、
生産ではQCD、設計・調達・作業などが挙げられます。
以上のように経営戦略の階層を理解することで、
戦略コンセプト、分析ツールを適切に使うことができ、
分かりやすい報告書につながります。

前の記事鍜治田流、現場への溶け込み方
次の記事ホワイトボードを使う理由